日本マラソンの父のふるさと ロゴマークを大募集

日本マラソンの父のふるさと ロゴマークを大募集

日本マラソンの父・金栗四三が生まれ育ったゆかりの地域、
熊本県 玉名市・和水町・南関町を「日本マラソンの父のふるさと」
として盛り上げていくためのロゴマークを募集します。

金栗四三

金栗四三

明治24年(1891)、現在の熊本県和水町で生誕。マラソン選手であり、日本人初のオリンピック選手として、第5回ストックホルム大会(1912)に出場。その後も2度のオリンピックに出場しました。また現役中は3度の世界最高タイムを記録(非公認)。マラソン界の発展にも尽力し、今や正月の風物詩となった「箱根駅伝」を創設するなど、日本マラソンの父と呼ばれています。

ロゴマーク募集は終了しました。
ご応募ありがとうございました。